今日のビショップ

February13th

HERILL

  • RAMIE HIGH GAUGE CREW NECK

    ¥41,800

伝統的な職人技術で生まれた
ハイゲージのラミーニット。

単にクラシックなだけでは惹かれない。モダン過ぎても気が引ける。一度っきりの人生。その両方をバランスよく備えていて、かつ“ときめき”がある服に袖を通したい。今シーズンのナンバー1を挙げるならダントツで〈HERILL(ヘリル)〉の《RAMIE HIGH GAUGE CREW NECK》だろう。Heritage(受け継がれる文化・歴史・遺産・伝統)と Will(未来・今後)の造語というブランド名がまさに今求めているクラシック&モダンであり、デザイナー大島裕幸さんの服に懸ける本気度が別格にすごい。ハリと光沢と極上の滑らかさと透け感があるこの魅惑の素材の正体は、なんとリネン。最高級の極細リネンを「水撚り」という伝統手法で加工することで、この美しい表情と肌触りが生まれるそうで、切れないよう糸を水の中にくぐらせて湿らしながら撚りをかけるこの手作業は、日本でもごくわずかの職人しかできないらしい。そして、このシルエットがとにかく最高で、ゆったりした見頃とアームラインにボリュームたっぷりなドレープが生まれるんだけど、裾と袖口の長めのリブがキュッとしているからメリハリ満点。ネック周りのつまり具合にも品があるし、どこもかしこも、ときめくポイントだらけ。繊細で、大胆で、時代性を飛び越えたモダニズムがある。ブラックはBshopだけのエクスクルーシブ。これほど服で高揚したのは、いつぶりだろう。

PAST UPDATE

BACK TO FEBRUARY