今日のビショップ

February5th

ORCIVAL×manipuri

  • SILK SCARF (COLLAGE YACHT)

    ¥12,000 +tax

ハンドプリントならではの
奥行きと品のある色と柄。

スカーフ使いがこなれている女性に憧れる。映画『俺たちに明日はない』(1967年)のフェイ・ダナウェイのようにタートルネックのハイゲージニットにくるっと巻いたり、『ローマの休日』(1953年)のオードリーのように開襟シャツの首元できゅっと結んだり、サマーシーズンに限らず春夏秋冬スカーフを楽しめる女性になりたい。今欲しいのは〈ORCIVAL(オーシバル)〉が〈manipuri(マニプリ)〉に別注した爽やかなヨット柄。滑らかなシルク100%の生地に熟達した職人が1枚ずつ手捺染という伝統的な技法で仕上げていて、時間をかけているだけあって色と柄の奥行きと味わい深さは感動モノ。エッジは手巻きで丁寧に手縫いされているから、どの角度から見ても絵になる。ロープやボーダー、ドット柄が配されているからマリン繋がりでボーダーカットソーにも相性抜群。2月だと、白いタートルのニットにも合いそう。このスカーフが1枚あるだけで、いつもの装いが格段とこなれるはず。

PAST UPDATE

BACK TO FEBRUARY