今日のビショップ

November24th

HIMALAYAN CASHMERAE

  • SCARF

    ¥14,000 +tax

本当に上質なものとは?
その答えがここにある。

上質さとは誰が認定するのか。素材や縫製にこだわっているメーカーやブランドはいくらでもあるし、熟練の職人が手作業で作っているものがすべて高品質かと言われると違う。創業年はひとつの指標にはなるけど、即ちクオリティが高いとも限らない。情報が世の中に溢れすぎていて、何を基準にするのが正解なのか……と思っていた矢先に出合った〈Himalayan Cashmere(ヒマラヤン カシミア)〉のカシミアスカーフ。アメリカ人デザイナー、スーザン・スナイダーは1990年代後半に巻き起こったパシュミナブームの火付け役であり、ネパールの伝統的な織物の技術を守るため首都カトマンズを拠点に〈Himalayan Cashmere〉を設立し、熟達した職人とタッグを組んでテキスタイルやショール、スカーフなどをリリースしているそうだが、その背景を知らなかったとしても、触れた瞬間に誰もがコレは上質だ!と唸るぐらい他とはレベルが明らかに違う。薄くて軽やかでエアリーなのに、ふっくらと柔らかくて滑らか。そしてとにかく暖かい。冬の光を帯びると上品な光沢を放ち、首にさっと巻いただけでスッと背筋が伸びるし、身につけているだけで気分もいい。世の中に上質と言われるスカーフはたくさんあるけど、これは間違いなく上質。

PAST UPDATE

BACK TO NOVEMBER