今日のビショップ

November23rd

LAURENCE J.SMITH

  • SIDE SEAM WIDE BODY CREWNECK SWEATER

    ¥20,680

シェットランドセーターの
オリジナルを心得る。

オイルドジャケットなら〈Barbour〉、チャッカブーツなら〈Clarks〉といったように、時代を超えて愛される不朽のマスターピースが存在し、そのオリジナルの価値をまず知ることにも意味がある。冬の定番ニットでいうならシェットランドセーター。となれば〈Laurence J.Smith(ローレンスジェイスミス)を知らずして話が始まらない。スコットランドの北に位置するシェットランド諸島で1923年に食料雑貨店として創業。そこで販売していたセーターが評判となって本格的に機械を導入し、12人のニッターで製造をスタートしたのが1930年のこと。シェットランド島でとれるピュアウールはふんわり柔らかくて着心地が軽く、保温性も抜群で、野に咲くアザミを用いて引っ掻く“SHAGGY DOG”と呼ばれる伝統の仕上げは、その名の通りむく毛の犬のようにもしゃもしゃな起毛感が魅力。トラディショナルを心得るって大事。この1着に袖を通さずして、ニットは語れない。

PAST UPDATE

BACK TO NOVEMBER