今日のビショップ

August15th

bagjack

  • HIP BAG WITH POLISHED COBRA(EXCLUSIVE)

    ¥14,100 +tax

  • NXL BELT M 25mm POLICHED COBRA(EXCLUSIVE)

    ¥16,000 +tax

  • KINKY WITH POLISHED COBRA(EXCLUSIVE)

    ¥46,200 +tax

単なるバッグやベルトじゃない。
これぞジャーマン・エンジニアリング。

ベルリン発の〈bagjack(バッグジャック)〉の機能美はすべて、リアルな現場の声を反映させて生まれたプロユースの道具だからこそ説得力がある。そもそも、代表のピーター・ブランズバーグ氏はドイツで初となるメッセンジャーサービスをベルリンの壁崩壊後に立ち上げた人物で、そのときに使用していた米製メッセンジャーバッグの問題点を洗い出して検証と改良を重ねていった流れでブランドが始まった。悪天候でも中身が濡れない防水性や、ハードな使用に耐えうるタフな縫製。そして心地いいフィット感を生み出すために人体工学的な視点でミリ単位の設計がされたベルトや、頑丈なパーツなど、どれもプロメッセンジャーの理想が凝縮しているのだ。その職人気質溢れる開発のスタンスがドイツ政府から支持され、軍や特殊部隊などのバッグ製造を担っているのは周知の話。使い勝手の良さはストリートシーンでも本領を発揮し、メッセンジャーバッグは、PCやA4サイズの書類が入るサイズ感が優秀で、3ポイントストラップシステムを採用しているため、歩行や自転車などの体制変化に応じてフィットの調節が可能。フロントのAUSTRIALPIN社製コブラバックルは、ゴールドの金具部分をつまむだけで取り外しができる。コーデュラナイロンのウエストバッグは止水ジップ仕様でソリッドな佇まいが都会的。“クイックリリース”と呼ばれる独自システムを搭載したストラップは、Dカンを片手で軽く引くだけで長さをアレンジできる。シルバーのバックルを採用した「Bshop」別注のコブラバックルベルトはスライドしやすく、がっちりとホールドしてくれるため、どんな厚みのあるボトムスでも対応。エンジニアリング=工学とは、計画・設計・製造・検査に科学を応用する技術を指すが、〈bagjack〉のモノづくりはまさにそれだ。ブランドタグに誇り高く記された“GERMAN ENGINEERING”という言葉は、ダテじゃない。

PAST UPDATE

BACK TO AUGUST