今日のビショップ

September14th

MYAR

  • ENGLISH CAMO/DPM JACKET 1990s

    ¥45,000 +tax

サルトリアの上質な仕立てで蘇る
英国陸軍のDMP迷彩シャツ。

軍ものは好きだが、“モロ”過ぎるのはあまりそそられない。ミリタリーのリメイク品も、世の中に溢れすぎていて正直惹かれない。けど、イタリアの〈MYAR(マイヤー)〉だけは別もの。デザイナーのアンドレア・ロッソ氏はミリタリーウェアを解体し、サルトリアの上質な仕立てで再構築するというアプローチが最高で、例えば、ウッドランドカモとチェック柄のコントラストが面白いシャツは、2010年まで実際に着用されていた英国陸軍迷彩柄のDMPシャツをアップサイクル。フロントポケットの縫製をほどいて取り、デッドストックのチェック地の身頃に取り付けるだけでなく、袖口の内側に補強のチェック地を使用するなど、ぱっと見ではわからない細部まできめ細やかなテーラリング技術が行き届いているのだ。しかもなんと、商品それぞれについているQRコードをスキャンすると、元の軍衣類の起源や、製品に至るまでに過程を辿れてしまうというのがザッツ・クール。タグに記されている“a modern view of the past”とは、“過去の現代的な見方”を意味する。アーカイブをどう見るか。彼の服作りへの視点から目が離せない。

※実店舗販売のみ

PAST UPDATE

BACK TO SEPTEMBER